05.15【前期】Webアプリ開発Ⅰ 第4回目(授業内容)

  • Webアプリ開発Ⅰ
    • 本日の目標
      ログイン後の画面制御を行っていく。
    • 授業内容
      • 前回作成した「ユーザー管理画面」を使用する。
        先週の制作ファイルがない場合はこちらを利用してください(20240508_teacher
      • メール送信について学ぶ ⇒ こちらをクリック / サンプル確認
      • パーツ共通化のためのインクルード方法について学ぶ ⇒ サンプル確認
      • 課題
        • 課題1
          ログインした時に登録したメールアドレスに「登録完了しました」のメールが届くようにする。
        • 課題2
          ログイン後の管理画面の上部に共通メニューとして、「一覧・新規登録・ログオフ」を表示する。
          ※ログイン前のページには表示させない。
      • 課題提出
        • STEP1:開発環境を整える。
          WinSCPを利用して、Webサーバに接続する。
          Webサーバ内にある「本日のフォルダ」にアクセスする。
          『 /var/www/html/tsb2023/20240515 』
          「上記フォルダ」内に『 自分の学籍番号 』フォルダを作成する。
        • STEP2:開発環境のWebサイトにアクセスする。
          『 http://tsb.well-field.co.jp/tsb2023/ 』
          →「本日のフォルダ」>『 自分の学籍番号 』フォルダ
        • STEP3:資料ページへアクセスする。➡PHPテキスト

05.15【前期】システム開発Ⅱ 第4回目(授業内容)

05.08【前期】Webアプリ開発Ⅰ 第3回目(授業内容)

  • Webアプリ開発Ⅰ
    • 本日の目標
      ログイン後の画面制御を行っていく。
    • 授業内容
      • 前回作成した「ユーザー管理画面」を使用する。
        こちらのテンプレートを利用してください(sample_user_knr
      • セッションについて学ぶ ⇒ こちらをクリック / サンプル確認
      • クッキーについて学ぶ ⇒ こちらをクリック / サンプル確認
      • 課題
        • 課題1
          ログインしていない時は、強制的にログインフォームに遷移させる。
        • 課題2
          クッキーを利用して、前回、入力されたメールアドレスを自動入力されるようにする。
      • 課題提出
        • STEP1:開発環境を整える。
          WinSCPを利用して、Webサーバに接続する。
          Webサーバ内にある「本日のフォルダ」にアクセスする。
          『 /var/www/html/tsb2023/20240508 』
          「上記フォルダ」内に『 自分の学籍番号 』フォルダを作成する。
        • STEP2:開発環境のWebサイトにアクセスする。
          『 http://tsb.well-field.co.jp/tsb2023/ 』
          →「本日のフォルダ」>『 自分の学籍番号 』フォルダ
        • STEP3:資料ページへアクセスする。➡PHPテキスト

05.08【前期】システム開発Ⅱ 第3回目(授業内容)

04.24【前期】Webアプリ開発Ⅰ 第2回目(授業内容)

  • Webアプリ開発Ⅰ
    • 本日の目標
      サインアップ/ログイン(パスワードのハッシュ化)およびユーザー管理画面の作成
    • 授業内容
      • サインアップ/ログイン(パスワードのハッシュ化
        • 「s+自分の学籍番号+_+user_mst」でテーブルを作成する。
        • 自分で作成したテーブルをもとにプログラムを実行できるようにする。
      • ユーザー管理を作成する。
        こちらのページを参考に作成してみましょう一覧/削除追加更新
      • 課題提出
        • STEP1:開発環境を整える。
          WinSCPを利用して、Webサーバに接続する。
          Webサーバ内にある「本日のフォルダ」にアクセスする。
          『 /var/www/html/tsb2023/20240424』
          「上記フォルダ」内に『 自分の学籍番号 』フォルダを作成する。
        • STEP2:開発環境のWebサイトにアクセスする。
          『 http://tsb.well-field.co.jp/tsb2023/ 』
          →「本日のフォルダ」>『 自分の学籍番号 』フォルダ
        • STEP3:資料ページへアクセスする。➡PHPテキスト

04.24【前期】システム開発Ⅱ 第2回目(授業内容)

  • システム開発Ⅱ
    • 本日の目標
      実務で考えるべき部分を抑えながら要件定義書を作成する。
    • 授業内容
      • 授業の進め方
        テンプレートはこちら⇒ 20240424_要件定義書(業務・機能・非機能)

        • SLCPを学ぶ「要件定義プロセス:追加分」(30分程度)
        • グループワーク(要件をまとめる)
          1. 先生の役割は、経営者であり、ユーザーです。
          2. グループメンバーの全員が情報システム部という役割です。
          3. まず最初に先生からテーマ「Web写真展システム」についてイメージを伝えます。(約5分)
          4. 要件をまとめるためにグループ内で、先生への質問(インタビュー)を考えます。(約20分)
            ※全体で共有したいため、都度先生に確認するのではなく、発表時間にできるだけまとめてください。
          5. グループ毎に代表者が順番に先生へ質問していきます。(約20分)
          6. 要件定義書テンプレートをもとにグループごとに作成してください。(約60分)
        • 個人ワーク(約40分)
          • どんな画面の制御が良いかを個人で考え、ワードファイル(.doc,.docx)もしくは、PDFファイル(.pdf)にいれること。
            XDやFigmaを利用して、画像出力してもOKです。
        • 授業の最後に資料を提出
          ※必ずワードファイル(.doc,.docx)もしくは、PDFファイル(.pdf)で提出すること。
      • 本日の課題提出はこちら

04.17【前期】Webアプリ開発Ⅰ 第1回目(授業内容)

  • Webアプリ開発Ⅰ
    • 本日の目標
      昨年度の復習(PHPを利用した一覧表示)とページ間の値受け渡し(POSTとGET)を理解しよう
    • 授業内容
      • 授業の進め方
        • 前期・後期の1年間をかけて、新しいことや覚えないことを積み重ねていきます。
          万が一、欠席した場合にも、自分自身で復習しておきましょう。
      • ページ間の値の受け渡し(POSTとGETの違い

        /* 送信ファイル submit.php */
        <!DOCTYPE html>
        <html lang="ja">
        <head>
          <meta charset="utf-8">
          <title>sample</title>
        </head>
        <body>
          <div>POST</div>
          <form action="post.php" method="post">
            <input type="text" name="txt_post"><input type="submit" value="POST送信">
          </form>
        
          <div>GET</div>
          <form action="get.php" method="get">
            <input type="text" name="txt_get"><input type="submit" value="GET送信">
          </form>
        </body>
        </html>
        /* POSTファイル受け取り post.php */
        <?php
          //変数宣言
          $txt_post = "";
        
          //もしPOSTで送信された場合、処理を行う
          if($_SERVER["REQUEST_METHOD"] === "POST"){
            $txt_post = $_POST["txt_post"];
          }
        ?>
        <!DOCTYPE html>
        <html lang="ja">
        <head>
          <meta charset="utf-8">
          <title>sample</title>
        </head>
        <body>
          <div>POST取得データ</div>
            <?php echo $txt_post ?>
          </body>
        </html>
      • 昨年度の復習(一覧表示
        • まずは、一覧「news_list」が表示されるようにすること。 
        • その後、テーブルを「student_mst」変更し、動作するようにしてみよう。
          一覧/詳細ページは、生徒情報のすべてが表示されるようにしましょう。
        • 余裕がある方は、「gakka_mst」を使用して、学科名が一覧に表示されるようにしましょう。
      • 課題提出
        • STEP1:開発環境を整える。
          WinSCPを利用して、Webサーバに接続する。
          Webサーバ内にある「本日のフォルダ」にアクセスする。
          『 /var/www/html/tsb2023/20240417』
          「上記フォルダ」内に『 自分の学籍番号 』フォルダを作成する。
        • STEP2:開発環境のWebサイトにアクセスする。
          『 http://tsb.well-field.co.jp/tsb2023/ 』
          →「本日のフォルダ」>『 自分の学籍番号 』フォルダ
        • STEP3:資料ページへアクセスする。➡PHPテキスト

04.17【前期】システム開発Ⅱ 第1回目(授業内容)

  • システム開発Ⅱ
    • 本日の目標
      A-TECHに向けての説明および授業について/SLCPとは何かを学ぶ。
    • 授業内容
      • 授業の進め方
        • 授業の進め方(A-TECH概要)
        • システム開発部の会社での位置
        • SLCPを学ぶ(企画プロセス・要件定義プロセス)
        • 企画書の背景(エビデンス収集)/目的(あるべき姿)の明確化/5W1Hを学ぶ
        • 個人ワーク(本日の課題提出)
          • 桃太郎という童話をもとに背景・目的・手段/概要を作成してみよう。
        • グループワーク (本日の課題提出)
          1. グループ(3名~4名)に分かれてください。
          2. その中で役割を分かれます。(今回はベンダは省きます)
            1. 経営者(投資効果を考える:売上、もしくは節約することを考える)
            2. ユーザー(業務が円滑に回るためにを考える)
            3. 情報システム部(それぞれの意見を聞いて、どう実現するかを考える)
          3. テーマ「クレーン車の配車を効率よく行いたい」
            1. それぞれの立場でどんな問題があるのか?(10分ほど考え、箇条書きでいいので可視化する)
            2. それぞれの立場で意見を伝える(合計10分程度)
            3. それをもとにどのような方法がいいのかを再度検討する(10分程度)
            4. グループとして、どのような問題(背景)があって、それをどうなればいいのか(目的)そして、どのような方法(手段)が良いのかを発表する。(20分程度)
      • 本日の課題提出はこちら

02.14【後期】スキルアップ(授業内容)

  • スキルアップ(システム開発)
    • 2週間の目標
      (先週の続き)スキルアップでは、2年生への進級に向けて、「データベース構築およびPHP」の1年間の総復習を行っていきます。

      • VSCodeのプラグインの設定
        『SQLTools MySQL/MariaDB/TiDB』を使用して、1年間のSQL文の復習を行う。
      • 外部キー制約を用いたテーブル作成(Webテキスト:26
        ※テーブル名は「s+学籍番号+_テーブル名」とすること。

        1. テーブル作成
        2. 学科マスタのレコードを一括登録
          自分で作成したテーブル「gakka_mst_fk」←「gakka_mst」
        3. データ登録/更新/削除
          1. 自分で作成したテーブル「student_mst_fk」に自分の名前などの任意のデータを3件ぐらい登録してみよう。
          2. 自分で作成したテーブル「student_mst_fk」にある「レコード」を1件更新します。
            1. カラム「gakka_no」を「15」に変更してみよう。
            2. カラム「gakka_no」を「5」に変更してみよう。←必ず変更すること!
          3. 自分で作成したテーブル「gakka_mst_fk」の「gakka_no」が「5」のレコードを削除すること。
      • PHPと登録/更新画面の発展
        ※途中まで作成したプログラムを修正しつつ、完成させること。(課題プログラムダウンロード

        1. 「student_mst」と「gakka_mst」を利用した一覧ページ(ファイル名:dataList.php)を作成
        2. 「student_mst」にデータ登録ページを作成(ファイル名:dataAdd.php)
        3. 「student_mst」にデータ更新ページを作成(ファイル名:dataUpd.php)
    • 課題提出
      • STEP1:開発環境を整える。
        WinSCPを利用して、Webサーバに接続する。
        Webサーバ内にある「本日のフォルダ」にアクセスする。
        『 /var/www/html/tsb2023/20240214』
        「上記フォルダ」内に『 自分の学籍番号 』フォルダを作成する。
      • STEP2:開発環境のWebサイトにアクセスする。
        『 http://tsb.well-field.co.jp/tsb2023/ 』
        →「本日のフォルダ」>『 自分の学籍番号 』フォルダ
      • STEP3:資料ページへアクセスする。➡PHPテキスト

02.07【後期】スキルアップ(授業内容)

  • スキルアップ(システム開発)
    • 2週間の目標
      スキルアップでは、2年生への進級に向けて、「データベース構築およびPHP」の1年間の総復習を行っていきます。

      • 次年度システム開発チーム編成について
      • 基本的なSQL文の復習(Webテキスト:2~
        • データベースができないと、次年度授業についていけない可能性があります。
        • 簡単だなと思う程度に理解できているかを、それぞれ確認してください。
      • VSCodeのプラグイン
        『SQLTools MySQL/MariaDB/TiDB』を使用して、1年間のSQL文の復習を行う。
      • 外部キー制約を用いたテーブル作成(Webテキスト:26
      • トランザクション処理について(Webテキスト:28
      • PHPと登録/更新画面の発展(次週の予定)
    • システム開発でのレポート一例
      • コミュニケーション
        • 言語の壁
        • 学年の壁
        • 作業ペアの設定などで対応した
        • 技術面を誉められるとうれしい
        • 質問しやすい雰囲気作り
        • 積極的なフィードバックができるようにする。
      • 技術
        • 授業で学んだことを活かしきれなかった。
        • 2年生の技術が高いからついていけなかった。
      • 企画
        • もっと魅力的な企画にすべきだと思った。
      • データ管理
        • 上書き/削除問題があり、作業をやり直しした。
      • チーム運営
        • リーダーシップと責任感、それを支えるメンバーの意識が必要。
        • お願いしても作業をしてもらえない。
        • 具体的なタスク割りをしてもらいたい。
        • 欠席が多いと仕事をお願いしづらい。
        • スケジュール管理(時間管理)が上手くできなかった。
        • チームがどんな状況かが、共有されていない。
    • 課題提出
      • STEP1:開発環境を整える。
        WinSCPを利用して、Webサーバに接続する。
        Webサーバ内にある「本日のフォルダ」にアクセスする。
        『 /var/www/html/tsb2023/20240207-14』
        「上記フォルダ」内に『 自分の学籍番号 』フォルダを作成する。
      • STEP2:開発環境のWebサイトにアクセスする。
        『 http://tsb.well-field.co.jp/tsb2023/ 』
        →「本日のフォルダ」>『 自分の学籍番号 』フォルダ
      • STEP3:資料ページへアクセスする。➡PHPテキスト

1.31【後期】データベース構築Ⅱ 第13回目(期末考査)

  • データベース構築Ⅱ
    • 期末試験について
      期末試験は、「自分で考えたテーマ」でプログラム開発することが課題です。

      • 提出フォームはこちら
      • 質問事項
        • Q.テーブルレイアウトやSQLは4つ分作成したが、PHPで使用するのは1つのテーブルで良いか?
          • A.問題ありません。テーブルレイアウト/SQLのところで加点します。
        • Q.PHPで使用するテーブルは、簡単なマスタだけでもいいですか?
          • A.問題ありません。マスタ管理システムとして提出してもらえれば大丈夫です。
        • Q.4つのテーブル分のシステムを作成する必要はありますか?
          • A.必要ありません。マスタなどは、事前にINSERT文で登録しておき、表示のみで使用しても大丈夫です。
             但し、4つのテーブル分のシステムを作成しても構いません。そのまま評価します。
      • 提出物
        1. テーブルレイアウト(E-R図)作成➡プライマキーは「自動採番」に設定してください。
          「自分で考えたテーマ」のテーブル設計すること。
          ➡提出用資料➊:テ―ブルレイアウト(E-R図)テンプレート
        2. 上記のテーブルを作成するためのSQL文テーブルクリエイト文)を作成し、「ターミナル」を使用して実行/作成してください。
          ※他の方とテーブル名が被らないように、テーブル名の頭に「学籍番号など」を付ける。
          ➡提出用資料➋:テーブルクリエイト文テンプレート
        3. PHPプログラムデータ一覧・論理削除新規登録更新
          ➡サンプル(デモZipファイル
          ➡課題2で作成した自分のテーブルを利用すること。
          ➡ファイル名称は下記にしてください。
          提出用資料❸(下記プログラム):

          1. config.php (設定ファイル)
          2. dataList.php (一覧/削除)
          3. dataAdd.php (新規登録)
          4. dataUpd.php (更新)
      • 開発ヒント
        • PHPプログラムを改修する点として、大きく分けて3つあります。・自分のテーブルに併せて入力フォームを増やす。
          ・増やしたフォームに対応して、PHPの変数を増やし、フォームから値を取得する。
          ・3つのファイルにあるプログラムやSQL部分を変更する。
                ・dataAdd.php
                      ・09行目~10行目
                      ・14行目~19行目
                      ・23行目~35行目
                      ・41行目~42行目
                      ・60行目~66行目
                ・dataList.php
                      ・14行目~16行目
                      ・35行目~43行目
                      ・79行目~97行目
                ・dataUpd.php
                      ・21行目~22行目
                      ・26行目~31行目
                      ・35行目~39行目
                      ・44行目~47行目
                      ・65行目~71行目
                      ・88行目~92行目
      • 評価
        • C評価60~65点
          • テーブル:1つ
        • B評価70~75点
          • テーブル:最低2つ以上
        • A評価80~85点
          • テーブル:最低3つ以上
          • 一覧:誰が見ても分かりやすいカラムだけを表示させる。
        • S評価90点~100点
          • テーブル:最低3つ以上
          • 一覧:誰が見ても分かりやすいカラムだけを表示させる。
          • 登録/更新画面:区分やカテゴリーなどがある場合は、ラジオボックス・チェックボックスを使用する。
    • 課題提出
      • STEP1:開発環境を整える。
        WinSCPを利用して、Webサーバに接続する。
        Webサーバ内にある「本日のフォルダ」にアクセスする。
        『 /var/www/html/tsb2023/2024exam 』
        「上記フォルダ」内に『 自分の学籍番号 』フォルダを作成する。
      • STEP2:開発環境のWebサイトにアクセスする。
        『 http://tsb.well-field.co.jp/tsb2023/ 』
        →「本日のフォルダ」>『 自分の学籍番号 』フォルダ
      • STEP3:資料ページへアクセスする。➡PHPテキスト
    • その他
      • 全て開発が終わった場合には、他の授業勉強を行っても大丈夫です。
        但し、ゲームや動画を観たり、他の生徒の邪魔になる行為はやめてください。

1.24【後期】データベース構築Ⅱ 第12回目(授業内容)

  • データベース構築Ⅱ
    • 本日の目標
      先週に引き続き、課題制作を進めてください。
      3種類の提出物作成を行ってください。
    • 期末試験について
      期末試験は、「自分で考えたテーマ」でプログラム開発することが課題です。

      • 提出フォームはこちら
      • 提出物
        1. テーブルレイアウト(E-R図)作成➡プライマキーは「自動採番」に設定してください。
          「自分で考えたテーマ」のテーブル設計すること。
          ➡提出用資料➊:テ―ブルレイアウト(E-R図)テンプレート
        2. 上記のテーブルを作成するためのSQL文テーブルクリエイト文
          ➡提出用資料➋:テーブルクリエイト文テンプレート
        3. PHPプログラムデータ一覧・論理削除新規登録更新
          ➡サンプル(デモZipファイル
          ➡課題2で作成した自分のテーブルを利用すること。
          ➡ファイル名称は下記にしてください。
          提出用資料❸(下記プログラム):

          1. config.php (設定ファイル)
          2. dataList.php (一覧/削除)
          3. dataAdd.php (新規登録)
          4. dataUpd.php (更新)
      • 評価
        • C評価60~65点
          • テーブル:1つ
        • B評価70~75点
          • テーブル:最低2つ以上
        • A評価80~85点
          • テーブル:最低3つ以上
          • 一覧:誰が見ても分かりやすいカラムだけを表示させる。
        • S評価90点~100点
          • テーブル:最低3つ以上
          • 一覧:誰が見ても分かりやすいカラムだけを表示させる。
          • 登録/更新画面:区分やカテゴリーなどがある場合は、ラジオボックス・チェックボックスを使用する。
    • 課題提出
      • STEP1:開発環境を整える。
        WinSCPを利用して、Webサーバに接続する。
        Webサーバ内にある「本日のフォルダ」にアクセスする。
        『 /var/www/html/tsb2023/2024exam 』
        「上記フォルダ」内に『 自分の学籍番号 』フォルダを作成する。
      • STEP2:開発環境のWebサイトにアクセスする。
        『 http://tsb.well-field.co.jp/tsb2023/ 』
        →「本日のフォルダ」>『 自分の学籍番号 』フォルダ
      • STEP3:資料ページへアクセスする。➡PHPテキスト
    • その他
      • 全て開発が終わった場合には、他の授業勉強を行っても大丈夫です。
        但し、ゲームや動画を観たり、他の生徒の邪魔になる行為はやめてください。

1.17【後期】データベース構築Ⅱ 第11回目(授業内容)

  • データベース構築Ⅱ
    • 期末試験について
      • 提出物
        1. テーブルレイアウト(E-R図)作成➡プライマキーは「自動採番」に設定してください。
          「自分で考えたテーマ」のテーブル設計すること。
          ➡提出用資料➊:テ―ブルレイアウト(E-R図)テンプレート
        2. 上記のテーブルを作成するためのSQL文テーブルクリエイト文
          ➡提出用資料➋:テーブルクリエイト文テンプレート
        3. PHPプログラムデータ一覧・論理削除新規登録更新)➡ファイル名称は下記にしてください。
          ➡提出用資料❸(下記プログラム):

          1. dataList.php
          2. dataAdd.php
          3. dataUpd.php
      • 評価
        • C評価60~65点
          • テーブル:1つ
        • B評価70~75点
          • テーブル:最低2つ以上
        • A評価80~85点
          • テーブル:最低3つ以上
          • 一覧:誰が見ても分かりやすいカラムだけを表示させる。
        • S評価90点~100点
          • テーブル:最低3つ以上
          • 一覧:誰が見ても分かりやすいカラムだけを表示させる。
          • 登録/更新画面:区分やカテゴリーなどがある場合は、ラジオボックス・チェックボックスを使用する。
      • 提出先
        • 試験日当日に公開します。
    • 本日の目標
      • 学期末試験は、課題提出となります。3種類の提出物作成を行ってください。
    • 本日の課題
      • データベースとPHPとの連携を学んでいきます。
      • STEP1:開発環境を整える。
        WinSCPを利用して、Webサーバに接続する。
        Webサーバ内にある「本日のフォルダ」にアクセスする。
        『 /var/www/html/tsb2023/2024exam 』
        「本日のフォルダ」内に『 自分の学籍番号 』フォルダを作成する。
      • STEP2:開発環境のWebサイトにアクセスする。
        『 http://tsb.well-field.co.jp/tsb2023/ 』
        →「本日のフォルダ」>『 自分の学籍番号 』フォルダ
      • STEP3:資料ページへアクセスする。➡PHPテキスト
    • その他
      • 全て開発が終わった場合には、他の授業勉強を行っても大丈夫です。
        但し、ゲームや動画を観たり、他の生徒の邪魔になる行為はやめてください。

12.20【後期】データベース構築Ⅱ 第10回目(授業内容)

  • データベース構築Ⅱ
    • 期末試験について
      • データベース設計およびテーブルクリエイト・データ登録を後期試験までに完成させること。
        プライマキーは、「自動採番」するように設定してください。
      • 試験の前週は、試験に向けた準備を行いますので、必ず出席すること。
      • 試験当日は、作成したテーブルとPHPの連携をすること。
    • 本日の目標
      • 前回、管理システムの「生徒一覧」が完成し、今日は、更新画面を作成します。
        お知らせ一覧・削除・更新・追加 ➡ テキストはこちら
      • 前回の授業を欠席した方は、こちらからダウンロードしてください。
      • 上記完成したら、新規作成も連携し、一覧・削除・更新・追加の4つの動作ができるようにする。
    • 本日の課題
      • 上記で作成した管理システム(お知らせ)のテーブルを生徒マスタ「student_mst_ai」に変更すること。

        /* 生徒マスタ「student_mst_ai」テーブル構造 */
        
        create table student_mst_ai (
        student_no int not null auto_increment,
        student_kj varchar(255) not null,
        student_kn varchar(255) null,
        student_cd varchar(20) null,
        gakka_no int null,
        seibetu_ku char(1) not null,
        age_nb int null,
        test_su int null,
        delete_ku char(1) not null,
        insert_at datetime not null,
        update_at datetime not null,
        
        primary key(
        student_no
        )
        );
    • データベースとPHPとの連携を学んでいきます。
      • STEP1:開発環境を整える。
        WinSCPを利用して、Webサーバに接続する。
        Webサーバ内にある「本日のフォルダ」にアクセスする。
        『 /var/www/html/tsb2023/20231213 』
        「本日のフォルダ」内に『 自分の学籍番号 』フォルダを作成する。
      • STEP2:開発環境のWebサイトにアクセスする。
        『 http://tsb.well-field.co.jp/tsb2023/ 』
        →「本日のフォルダ」>『 自分の学籍番号 』フォルダ
      • STEP3:資料ページへアクセスする。➡PHPテキスト
    • その他
      • 早く終わった方は、後期課題のテーブル設計し、準備すること。

12.13【後期】データベース構築Ⅱ 第9回目(授業内容)

  • データベース構築Ⅱ
    • 期末試験について
      • データベース設計およびテーブルクリエイト・データ登録を後期試験までに完成させること。
        プライマキーは、「自動採番」するように設定してください。
      • 試験の前週は、試験に向けた準備を行いますので、必ず出席すること。
      • 試験当日は、作成したテーブルとPHPの連携をすること。
    • 本日の目標
      • 管理システムの作成をします。前期課題の範囲となりますので、しっかりと学習しましょう。
        お知らせ一覧・削除・更新・追加 ➡ テキストはこちら
    • 本日の課題
      • 上記で作成した管理システム(お知らせ)のテーブルを生徒マスタ「student_mst_ai」に変更すること。

        /* 生徒マスタ「student_mst_ai」テーブル構造 */
        
        create table student_mst_ai (
        student_no int not null auto_increment,
        student_kj varchar(255) not null,
        student_kn varchar(255) null,
        student_cd varchar(20) null,
        gakka_no int null,
        seibetu_ku char(1) not null,
        age_nb int null,
        test_su int null,
        delete_ku char(1) not null,
        insert_at datetime not null,
        update_at datetime not null,
        
        primary key(
        student_no
        )
        );
    • データベースとPHPとの連携を学んでいきます。
      • STEP1:開発環境を整える。
        WinSCPを利用して、Webサーバに接続する。
        Webサーバ内にある「本日のフォルダ」にアクセスする。
        『 /var/www/html/tsb2023/20231213 』
        「本日のフォルダ」内に『 自分の学籍番号 』フォルダを作成する。
      • STEP2:開発環境のWebサイトにアクセスする。
        『 http://tsb.well-field.co.jp/tsb2023/ 』
        →「本日のフォルダ」>『 自分の学籍番号 』フォルダ
      • STEP3:資料ページへアクセスする。➡PHPテキスト
    • その他
      • 早く終わった方は、後期課題のテーブル設計し、準備すること。

12.06【後期】データベース構築Ⅱ 第8回目(授業内容)

  • データベース構築Ⅱ
    • 期末試験について
      • データベース設計およびテーブルクリエイト・データ登録を後期試験までに完成させること。
        プライマキーは、「自動採番」するように設定してください。
      • 試験の前週は、試験に向けた準備を行いますので、必ず出席すること。
      • 試験当日は、作成したテーブルとPHPの連携をすること。
    • 本日の目標
      • 前回の授業で学んだ「ニュース新規登録」を「生徒新規登録」に変更するプログラムを学ぶ。
        • ニュース新規登録のWebテキストをもとに下記のテーブルに変更してください。
          • 生徒マスタ「student_mst_ai」を使用すること。

            /* 生徒マスタ「student_mst_ai」テーブル構造 */
            
            create table student_mst_ai (
            student_no int not null auto_increment,
            student_kj varchar(255) not null,
            student_kn varchar(255) null,
            student_cd varchar(20) null,
            gakka_no int null,
            seibetu_ku char(1) not null,
            age_nb int null,
            test_su int null,
            delete_ku char(1) not null,
            insert_at datetime not null,
            update_at datetime not null,
            
            primary key(
            student_no
            )
            );
      • 「ニュース一覧」を「生徒一覧」(テーブル名:student_mst_ai)に変更するプログラムを学ぶ。
      • 「ニュース詳細」を「生徒詳細」(テーブル名:student_mst_ai)に変更するプログラムを学ぶ。
        ※生徒詳細は、名前だけでなく、それカラムも画面上に表示させること。
      • 今日の課題に取り組む。
    • データベースとPHPとの連携を学んでいきます。
      • STEP1:開発環境を整える。
        WinSCPを利用して、Webサーバに接続する。
        Webサーバ内にある「本日のフォルダ」にアクセスする。
        『 /var/www/html/tsb2023/20231122 』
        先週作成していない人は、「本日のフォルダ」内に『 自分の学籍番号 』フォルダを作成する。
      • STEP2:開発環境のWebサイトにアクセスする。
        『 http://tsb.well-field.co.jp/tsb2023/ 』
        →「本日のフォルダ」>『 自分の学籍番号 』フォルダ
      • STEP3:資料ページへアクセスする。➡PHPテキスト
    • 本日の確認テスト
      • 下記のようなデザインに変更すること。
        • 1件ずつのカードは角丸にすること。
        • 画面端まで繰り返したら、自動で折り返すこと。
    • 発展
      • 早く終わった方は、後期課題のテーブル設計し、準備すること。

11.22【後期】データベース構築Ⅱ 第7回目(授業内容)

  • データベース構築Ⅱ
    • 期末試験について
      • データベース設計およびテーブルクリエイト・データ登録を後期試験までに完成させること。
        プライマキーは、「自動採番」するように設定してください。
      • 試験の前週は、試験に向けた準備を行いますので、必ず出席すること。
      • 試験当日は、作成したテーブルとPHPの連携をすること。
    • 本日の目標
    • データベースとPHPとの連携を学んでいきます。
      • STEP1:開発環境を整える。
        WinSCPを利用して、Webサーバに接続する。
        Webサーバ内にある「本日のフォルダ」にアクセスする。
        『 /var/www/html/tsb2023/20231122 』
        「本日のフォルダ」内に『 自分の学籍番号 』フォルダを作成する。
      • STEP2:開発環境のWebサイトにアクセスする。
        『 http://tsb.well-field.co.jp/tsb2023/ 』
        →「本日のフォルダ」>『 自分の学籍番号 』フォルダ
      • STEP3:資料ページへアクセスする。➡PHPテキスト
    • 本日の確認テスト
      • ニュース新規登録のWebテキストをもとに下記のテーブルに変更してください。
        • 生徒マスタ「student_mst_ai」を使用すること。

          /* 生徒マスタ「student_mst_ai」テーブル構造 */
          
          create table student_mst_ai (
          student_no int not null auto_increment,
          student_kj varchar(255) not null,
          student_kn varchar(255) null,
          student_cd varchar(20) null,
          gakka_no int null,
          seibetu_ku char(1) not null,
          age_nb int null,
          test_su int null,
          delete_ku char(1) not null,
          insert_at datetime not null,
          update_at datetime not null,
          
          primary key(
          student_no
          )
          );
          
      • 発展
        • ファイル名を「newsAddphp ➡ studenAdd.php」
        • 完成したら、前回開発したデータ一覧にボタンもしくはリンクを設置し、登録ページへ遷移できるようにすること。

11.08【後期】データベース構築Ⅱ 第6回目(授業内容)

  • データベース構築Ⅱ
    • 期末試験について
      • 先週までのデータベース設計およびテーブルクリエイト・データ登録を後期試験までに完成させること。
      • 試験の前週は、試験に向けた準備を行いますので、必ず出席すること。
      • 試験当日は、作成したテーブルとPHPの連携をすること。
    • データベースとPHPとの連携を学んでいきます。
      変数やループ文などの基礎的なものは、他の授業で学習しているはずなので、この授業では取り扱いません。

      • STEP1:開発環境を整える。
        WinSCPを利用して、Webサーバに接続する。
        Webサーバ内にある「本日のフォルダ」にアクセスする。
        『 /var/www/html/tsb2023/20231108 』
        「本日のフォルダ」内に『 自分の学籍番号 』フォルダを作成する。
      • STEP2:開発環境のWebサイトにアクセスする。
        『 http://tsb.well-field.co.jp/tsb2023/ 』
        →「本日のフォルダ」>『 自分の学籍番号 』フォルダ
      • STEP3:資料ページへアクセスする。➡PHPテキスト
    • 本日の確認テスト
      • ニュース一覧のWebテキストをもとに下記のテーブルに変更してください。
        • 生徒マスタ「student_mst」を使用すること。
        • 一覧ページ(newslist.php)では、「student_no」「student_kj」「insert_at」
        • 詳細ページ(newsArticle.php)では、「student_no」「student_kj」「student_kn」「student_cd」「age_nb」「test_su」「insert_at」
        • 条件:削除されていないデータのみを抽出すること。
      • 発展
        • ファイル名を「newslist.php ➡ studentlist.php」「newsArticle.php ➡ studentprf.php」「config.php」の3つにしてください。
        • 詳細ページ(studentprf.php)に、学科マスタ(gakka_mst)の「gakka_kj」が表示されるようにすること。

11.01【後期】データベース構築Ⅱ 第5回目(授業内容)

10.25 【後期】データベース構築Ⅱ 第4回目(授業内容)

10.18 【後期】データベース構築Ⅱ 第3回目(授業内容)

  • データベース構築Ⅱ
    • 正規化について
      そもそも非正規化?ってなに?
      テーブル設計に必要な正規化を学ぼう!!

10.11 【後期】データベース構築Ⅱ 第2回目(授業内容)

  • データベース構築Ⅱ
    • LucidChart ➡ 前回欠席の方へ ➡ 登録作業
    • E-R図について
      • LucidChartでE-R図を作成してみる
        ※実体関連という表記 ➡ E-R図の準備
      • ツールの使い方を学ぶ(E-R図を作ってみる)
        ※テーブルレイアウトはこちら
        ➔学生マスタと学科マスタのフィールドを表記する。
        ➔学生マスタと学科マスタのフィールドを結合する。
        ※一対多の関係に注意
      • 課題)このテーブルレイアウトからE-R図を作成してみよう。
    • 上記で作成したER図をExcelでも作成してみよう。

10.04 【後期】データベース構築Ⅱ 第1回目(授業内容)

  • データベース構築Ⅱ
    • オリエンテーション(後期授業について
    • 午後のシステム開発のチーム分けについて➡7チームから6チームになりました。
    • LucidChart ➡ 登録作業
    • DFD(データフローダイアグラム)について
      • LucidChartでDFDを作成してみる ➡ DFDの準備
      • ツールの使い方を学ぶ(DFDの流れを作ってみる)
        • 例)販売管理システム
      • 課題1)学校のテストを受ける
      • 課題2)学校に入学する。
      • 課題3)好きなデータの流れを考えてみる。

09.20 【前期】スキルアップ(授業内容)

  • データベース構築Ⅰ
    • チーム分けについて➡授業までに確定します。
    • 4つのテーブルについて
      テーブルレイアウトはこちら簡易ER図はこちら

      • consumer_mst(顧客マスタ)
      • commodity_mst(商品マスタ)
      • details_tbl(明細テーブル)
      • details_sub_tbl(明細サブテーブル)
    • 4つのテーブルのクリエイト文を使用し、自分のテーブルを作成すること。
      ルール:s+学籍番号+_テーブル名
    • 元データから自分が作成した4つのテーブルに一括でデータ登録すること。
    • 課題(本日、提出はありません)
      • 4つのテーブルを結合することができる。
      • 明細テーブル/明細サブテーブルにデータ登録できる。
        (※在庫については、本日は無視してください)

09.13 【前期】スキルアップ(授業内容)

  • データベース構築Ⅰ
    • 前期テストの復習 → テスト問題はこちら
    • ネットワークコマンド(ipconfig、ping)
    • 午後の授業に向けて
  • システム開発
    • システム開発の授業とは
      • 後期から2年生のチームに参加し、一緒にシステム開発を行っていきます。
      • 1年生は、本日のプレゼンを参考に参加したいチームを第1~3希望までを「しっかり」選んでください。
        • 必ず第3希望まで別々のチームを選んでください。全部同じチームを選んだ場合、希望するチームに入れない場合があります。
        • チーム活動に参加してもらいます。参加してもしゃべらない、考えない、作らない場合には「単位」は出ません。
        • システムが完成しない場合には、チームとして評価するものがないため、「単位」がでません。
      • 優秀チームの2年生は「ITコンテスト2023」のTSB代表として、名古屋にいきます。
    • ITコンテスト2023概要はこちら
    • プレゼン評価フォームはこちら
      ※授業開始してから、更新します。講師の指示に従って、ページ更新してください。

09.06 【前期】第13回目(授業内容)

  • データベース構築Ⅰ
  • 本日は前期考査です。下記のボタンからアクセスしてください。
    テストページへのリンクは、履歴に表示されません。

08.30 【前期】第12回目(授業内容)

  • データベース構築Ⅰ
  • 本日の目標
    • 来週から行われる前期考査確認テストの出題傾向や解答の仕方を学ぶ。
      本日の解答配布は、あえて行いません。友だち同士で、解答を確認し、分からないところは、確認し、資料としてまとめておくことをお勧めします。

07.19 【前期】第11回目(授業内容)

  • データベース構築Ⅰ
    • 本日の目標
      PHPのサンプルプログラムを利用した「SQL」を体験です。ニュース一覧/詳細を表示させるプログラムを作成します。
      WEBテキストはこちら

      • 開発環境を整える。
        1. WinSCPを利用して、Webサーバに接続する。
        2. Webサーバ内にある「本日のフォルダ」にアクセスする。
          『 /var/www/html/tsb2022/20230719 』
        3. 「本日のフォルダ」内に『 自分の学籍番号 』フォルダを作成する。
        4. 自分のWebサイトにアクセスするショートカット
      • 今日の課題
        1. 一覧/詳細プログラムが動作するようにする。
        2. 自分でテーブルを作成して、動作させる。
          1. s+学籍番号+_+テーブル名 例)s23000000_news_tbl
          2. 自分で作成したテーブルに「news_tbl」テーブルのデータを一括登録すること。
          3. PHPのプログラムを変更し、自分で作成したテーブルで動作させること。
          4. 自分で作成したテーブルに任意で1件データを登録すること。

 

<news_tbl(ニューステーブル)>
+————+————–+——+—–+———+—————-+
| Field | Type | Null | Key | Default | Extra |
+————+————–+——+—–+———+—————-+
| seq_no | int | NO | PRI | NULL | auto_increment |
| title_kj | varchar(255) | NO | | NULL | |
| article_kj | text | NO | | NULL | |
| delete_ku | char(1) | NO | | NULL | |
| insert_at | datetime | NO | | NULL | |
| update_at | datetime | NO | | NULL | |
+————+————–+——+—–+———+—————-+

07.12 【前期】第10回目(授業内容)

06.28 【前期】第9回目(授業内容)

06.21 【前期】第8回目(授業内容)

06.14 【前期】第7回目(授業内容)

06.07 【前期】第6回目(授業内容)

05.31 【前期】第5回目(授業内容)

05.17 【前期】第4回目(授業内容)

05.10 【前期】第3回目(授業内容)

04.26 【前期】第2回目(授業内容)

04.19 【前期】第1回目(授業内容)

  • データベース構築Ⅰ
    • 本日の目標
      データベースの考え方と重要なキーワードを学ぶ。そして、VSCodeでサーバに接続する。
    • 授業内容